カードローンの借金返済・債務整理は必ずできるの?

カードローンの借金返済・債務整理は必ずできるの?

2014/08/25 21:03:25 |

あなたが今抱えているカードローンですが、どのくらいあるのでしょうか?もちろん、カードローンで持っているカードの枚数ではありません。そのカードローンを使ってどのくらいの借金があるのでしょうか?そして、そのカードローンで積み重なった借金は返済できる見込みはどのくらいでしょうか?おそらく、そのカードローンの借金や他にもあるかもしれない借金を何とかしたい、スッキリさせたいという思いがあり、これを読まれているかもしれませんね。もし、そうだとしましたら、今日や明日でどうにかなる話ではないと思います。そこで、気ばかり焦っているかもしれないあなたのために、どうすればその借金を返済できるのか、またはそれに関連する情報をお伝えしていきます。そこで最初にカードローンの借金返済をするのに必要なことというのは、どのようなことになるのでしょうか?

 

まずは、カードローンや消費者金融会社から借金をしている現状から逃げない、ということです。つまり、借金をしている現実と向き合うことがとても大切になります。そんなことを言われても、ときっと反論したかもしれません。また、抵抗したかもしれませんね。しかし、その借金返済から目をそらした結果、どのようになったのか、は今のあなたが1番知っているはずです。確かにツライ現実や現状に向き合うのはイヤかもしれません。しかし、借金返済をできた人は、これをしたからであって、これをするしかないことを覚えておいてくださいね。

2014/08/25 21:03:25 |

カードローンや消費者金融会社から借金をしたら、それは必ず返済をしないといけません。それは、あなた自身が1番よく知っていると思います。あなたも学校の先生や親などから、人から借りたものは必ず返しなさい、という教えを聞いたことがあったと思います。そして、それはカタチあるものではなく、カタチのないものでも当てはまることです。実はお金というのは、カタチのないものになります。例えばこれがカタチのある荷物で、それが部屋の中にたくさんあったら片付けよう、と思うはずです。しかし、お金の場合にはそのような感覚がつかめないため、借金をしている金額もマヒしてしまうところがあります。せいぜい利用明細書の紙だけになり、そこに書かれた数字だけになります。しかし、その紙だけのはずなのに、そのインパクトはかなり大きいのを実感されているかもしれません。そこで、あなたは現在カードローンの借金返済は少しずつでもいいので、できているのでしょうか?もし、カードローンの借金返済ができなかったら、その進まない理由は把握しているでしょうか?

 

この理由の答えは人により借金している金額や返済方法によって変わります。しかし、共通しているのは、借金している総額が非常に大きくて、返済が進まないというのがあります。また、借金を返済しては、また借金をしてしまう、というのを何度もしていることも考えられます。まずは、借金返済ができない、進まないという理由を調べることが大切です。

2014/08/25 21:00:25 |

カードローンや消費者金融会社からの借金が、いつの間にかたくさんこんなになってしまった、というのがありましたら、それはいつになって気づいたのでしょうか?おそらくそれは、後になってから気づいた方もいるかもしれませんね。しかし、それは当たっているようで間違っていることもあるのです。実は後からそう思ったのではなく、その途中でもそのことに気づいていたにも関わらず、見なかったことにしていることを何度もした経験はないでしょうか?

 

つまり、いきなりカードローンや消費者金融会社からの借金が増えた、ということはないのです。そのようにさせた張本人が必ずいる、というわけです。当然、何もせずに借金が増えることなんてありません。借金という行動を起こしたからこそ、そして借金返済をしなかったからこそ、借金が増えていったというわけですね。その1つ1つの行動の積み重ねが結果的にそうなってしまった、というわけです。しかし、借金というのは必ず返済できることを前の内容で説明をしました。そこで、借金返済のことを調べていましたら、債務整理という言葉を聞いたことがあるかもしれませんね。では、今スグに今まで抱え込んだカードローンなどの債務整理はできるのでしょうか?

 

もちろん、今スグにという今日、明日中にというのはできません。この債務整理に関しての詳しいことは後述しますが、やはりどんなことにおいても手順や手続きが必要です。しかし、それを活用すれば、早く借金返済の道に進むのは間違いありません。

2014/08/25 16:55:25 |

今、この内容を読んでいるあなたは、頭の片隅に自分を責めるような言葉や考えが出てきているかもしれませんね。その頭の片隅に浮かんだ内容というのは、どのようなものになるのでしょうか?例えば、このサイトの内容を読みながら、何でこんなに借金をしてしまったんだろう、という思いです。他にも、それを通り越してしまって、カードローンや消費者金融会社がお金を自分に貸しつけたのが悪いんだ、と開き直っていることはないでしょうか?では、借金返済ができる人とできない人、というのはどのような違いがあるのでしょうか?

 

これは、借金している総額ももちろんあります。しかし、それ以外にも重要なことは、借金をしたのを自分の責任にするか、他人の責任にしているか、ということです。つまり、借金を他人の責任にしている以上は、やはり借金返済は難しいのが現状になります。責任転嫁で結果的にうまくいくことは絶対にありません。今のあなたもそのような考えはどこかにないでしょうか?そこで、これからは自分に責任を持って、向き合うことが大切です。そのときに重要になるのが、今後の借金返済はどうするのか、という借金返済シュミレーションが大切です。これは、一体どこでできるのでしょうか?

 

これは、インターネット上に、借金返済シュミレーションのサイトやホームページがあります。また、カードローンや消費者金融会社のサイトでも借金返済シュミレーションができるようになっています。

2014/08/25 16:54:25 |

カードローンや消費者金融会社でした借金返済をするための大原則、というのはどのようなものになるのでしょうか?それは今までに紹介しましたように、借金をしている事実や現実から目をそらさない、ということになります。そして、借金をしたことを他人の責任にしていましたら、その考えを改める必要があります。つまり、借金をしたのは自分自身であり、その借金を返済する責任を持つ、ということがとても大切になるのです。そして、今自分はいくらの借金をしているのか、といいうのを知ることがとても大切になります。確かに、カードローンや消費者金融会社からした借金総額を知るのはイヤですが、現状を把握しないと、先に進むことはできません。今まで溜め込んだ、隠してきたものをすべて出すくらいの勢いや覚悟が必要です。そして、それを知ったうえで、今後はどのようにして借金返済をするのかを自分なりに計画する必要があります。それをするために、また簡単にするためには、インターネット上にある借金返済シュミレーションを利用するのが便利でとても簡単です。でも、自分でするのはメンドウ、という人もいるかもしれませんね。

 

そこで、その借金返済シュミレーションを弁護士や司法書士などで代わりにしてもらえるのでしょうか?
もちろん、できます。特に過払い金請求や借金返済を専門にしている弁護士や司法書士なら、そのことにおいてプロになります。費用はかかるかもしれませんが、確実な答えをもらうことはできます。